フラーテル広報日記(NEOスタンダードへの道)

国内最強の社会人ホッケークラブチーム「名古屋フラーテルホッケーチーム」の広報担当者が綴る日々の出来事、私的覚え書きなど。 広報生活11年目に突入! GO FRATER! GO FIGHT!

食べ物とお店

GO FRATER!GO FIGHT!

ブルーベリーの怖い話(実体験)

先日からブルーベリーにハマっております。ほぼ毎日欠かさず食べております。
ほどよい酸味とほどよい甘さ、あの甘すぎない感じがいいですね。喉の奥の遠くの方でかすかに香る程度の甘みは、私が子供の頃(山奥村強制合宿中に)毎日おやつとして自分で取って食べていた「ヤマグミ」の雰囲気にも似ている。木の実を取って食べていた、なんていう話をすると人は驚きますけれどー、ヤマグミはもちろん。ザクロやイチジク、栗も食べていましたね。

さて、日常的には冷凍ブルーベリーを買って食べておりました。
とある日、あるスーパーで、生のブルーベリーが結構大きなバック(500g)で売っていたのです。
私はワーイと喜んで買ってきました。
3日間ぐらいで完食!ちょっと咳が出始めていたので風邪気味かなあと思い、さらに買いに行った。
これも3日間ぐらいで完食、咳はなかなか止まらない。風邪薬を飲みながら様子を見ていた。

しばらくして、やっと咳も治ったので、思いついてまた買いに行った。(3回目)
真夜中に、夜食代わりに食べました。
すると


止まっていた咳がまた出て、明け方それが苦しくて起きた!
何となく、ちょっと思わなくもなかったのだけど、ブルーベリーを食べると咳が出る?
しかも今までそんなことはなくて、あのスーパーで買った生のブルーベリーを冷凍したものを食べた時に限って咳が出ている気がする?

で、よーく思い出してみたら、1回目に買った時、洗うのを忘れてそもまま冷凍し、結局洗わないまま食べ切ってしまったのだった。それで2回目に買ったときはちゃんと洗った。
でも3回目、買った時また洗うのを忘れた!で、食べている時に気づいて、食べてしまった分はともかく残ったのは全部洗った。


その生のブルーベリーは「チリ産」でした。
いつも私が食べているのは冷凍の「カナダ産」または国産。
普段は人一倍産地をチェックして気にしている私なのですが、チリ産でもまあいいやとなぜかその時は思ってしまったのです。多分、ブルーベリー食べたさに。


ブルーベリーを持って医者に行きましたら・・・・・
ガーーン!!!!

残留農薬によるアレルギー!!!
ヤバーイ!!まじでヤバーイ!!
アレルギーが強く出るとアナフィラキシーショックで呼吸困難になって死んだりする、アレじゃん!!
ヤバイってマジで!!

即廃棄!
もう二度とチリ産は買わないと誓う!本当にどうかしてた、ごめんなさい。
いつも生のブルーベル―と言えば小さなパックに入っているものしか見たことがなくて(500円ぐらい)
あんなに大きなパックにはいった生のブルーベリーを見たら、買わずにはいられず(バカ)

けれどブルーベリー自体はやはり毎日必須の食品なので、
無農薬&岩手県遠野で育ったブルーベリー(1キロ)
というものを買ってみた。

image
ああ、なんで最初からこうしなかった。
ネットで探したらいくらでも生のブルーベリーはあるし、500gどころか1キロでも2キロでも、無農薬の安全な国産があるじゃないか!

はい、もう来た!遠野の無農薬ブルーベリー!
チリ産の農薬ブルーベリーと比較
image
大きさも遠野の勝ち
食べてみたら、やっぱ美味しいわ国産
あーバカバカ 一歩間違えば、いろんな残留農薬に過敏反応して野菜も果物も食べられない体になるところだった!

私のようにビミョーに体が弱いくせにほぼ日常的にはそれを意識していないという生活をしていますと、一般人にとって普通のなんでもないアクションが、このようにとんでもない危機に直結してしまったりするので、あークワバラクワバラと震え上がりながら、結局その、数百円を惜しんでちょっとだけ高いけど安心安全な国産じゃなくて産地微妙の食品を買い続けていると、日々少しずつ何か差がついてきて、気にしている人と気にしていない人との間にはやがて絶対に越えられないほどの何か大きな距離が開いてしまうのではないか、という気がする。

私は外食が多いので、外食時の材料なんて野菜は全部中国産だと思っているし、肉も魚も産地については諦めています。しかしせめて自分で選べる時ぐらいは明らかに安全で明らかに安心できる方を選びたいと、ま、そういうことです。

チリ産の果物の残留農薬についてはやはりいろいろな問題があるようです。
私と同じように、皮のままチリ産のぶどうを食べて咳が止まらなくなった人もいるみたいだ。
なんでもかんでもチリ産が悪いとは言わないが、そういえば思い出した、昔アメリカ産のオレンジについて、皮の残留農薬はハンパないというのをさかんに言っていましたね。

結局、皮のある食べ物は皮への残留農薬がすごいみたいで、そもそも果物などの皮というのは中身の果実を汚れや病気から守るためにあるのですから農薬をぐいぐい吸い込むのは果物さん的には当然のことをしているだけである。

ドクター曰く
洗わずに食べるたぁ自殺行為だ!なんであれ必ず洗って食べよう。
外国産のフルーツは特に残留農薬が多く検出される。日本で販売するためには表面の汚れや傷がないものを作る必要があるから、自然と農薬を多く使う。
皮をむいて食べるならまだしも、皮ごと食べるものなどは本当に注意が必要・・・・。

だそうで。

多分、ポストハーベストだろう ということも言われました。
うん。話題になりましたね。ポストハーベスト農薬。

ポストハーベスト農薬(—のうやく)は収穫後の農産物に使用する殺菌剤、防かび剤などのこと。 ポストとは「後」、ハーベストは「収穫」を意味する。 日本では収穫後の作物にポストハーベスト農薬を使用することは禁止されている。 しかしながら米国をはじめとする諸外国から輸入されている果物等は、収穫後に倉庫や輸送中にカビ等の繁殖を防止するために農薬が散布されることがある。

なんだかねー


追伸

私はヤマグミを鳥と奪い合って食べていました。ヤマグミはやや細長い真っ赤な実です。
熟れるのを待っていると鳥に食べられる。でも鳥も青い実は食べないから、我慢比べになります。
アキグミという斑点のある丸いグミは、ヤマグミほどの甘みはないのだけど、子供でも取りやすいところに生えていて、私も主戦場としていました(笑)一枝にぎっしりついているので、低いところの枝を折ってビンにさしておくと、2日ぐらいで赤くなって食べられる。(鳥との戦いを回避することができる)
圧倒的に不利なのは姫りんご。競争率が高く、多くくなるまでに全部なにものかに食べられてしまう。
(ヤマリスとかイタチとか多分そういったもの、あるいはカブトムシ的な昆虫)

 

東北縦断どんぶりトラベラー

ちょっと面白い番組が放送されていましたので覚え書き。
2015年1月2日に放送されたものが、いま(1月11日、朝の4時)に早くも再放送。

「東北縦断どんぶりトラベラー」で紹介されたどんぶり一覧メモ。

まずは個人的に食べたいピックアップから。

●山形県川西町の「あっさり」
米沢牛の牛肉すじ肉丼

見た瞬間釘付け!食べたい!(笑)

川西といえば小野知則選手生誕の地じゃないか!(笑)
川西町長さん、山形新聞さん、川西町の皆様いつも応援ありがとうございます。

どんぶりの方は期待を裏切らない味が予想されます。米沢牛の美味しさは和牛の中でもトップクラス。

ちなみに、米沢牛関係のどんぶりは米沢市が毎年やっている「米沢なせばなる(←上杉鷹山(笑))秋祭り」のどんどん祭り?の中でもたくさん紹介されているようだ。
→http://aki.yonezawa-matsuri.jp/about/#aki006
イベント会場で食べることぐらいつまんないたべ歩きはないので(苦笑)上記リンク先にあるどんどん祭りのパンフレットPDFをダウンロードしてお店リスト代わりに保管することにした。


●宮城県名取市の「若草寿司」
赤貝丼

これ、相当すごいどんぶりだと思います。

どうやら赤貝丼は名取市名物なのか?
名取市観光協会公式サイトでは、この番組の放送を受けてわざわざ若草寿司以外で赤貝丼を提供しているお店も紹介している。

http://www.kankou.natori.miyagi.jp/jou9jztdc-8/?block_id=8&active_action=journal_view_main_detail&post_id=190&comment_flag=1

上記の名取市観光協会公式サイトが非常によい記事を載せていて、この赤貝丼についてはある意味とこよりも詳しくて分かりやすい内容だったから転載しておこう。

今回この番組で紹介された全部の丼の地元の地方自治体公式サイトや観光協会公式サイトをチェックしてみたけれど、番組に乗っかってきちんとレシーブ記事を作り、サイト訪問者の欲しい情報をがっちり載せていたのはこの名取市だけでした。

以下名取市観光協会公式サイトからの転載


日本一!赤貝丼がTVで紹介されました
| by:サイト管理者

日本一と称される 閖上の赤貝!

地元ならではの『赤貝丼』をぜひ ご賞味ください!


1月2日(金)
テレビ朝日系列『東北縦断どんぶりトラベラー ぜったい食べたい噂の極み丼』という番組で
名取・閖上の赤貝丼が紹介されました!

「うまさ てんこ盛り!」な人々を幸せにしてくれる、地元のこだわりが詰まった
東北各地の”極み”のどんぶりを「どんぶりトラベラー」の食いしん坊芸能人が食べ歩きました。

宮城の極み丼は『赤貝丼』!

閖上の赤貝は色や味、香りが日本一と称され、首都圏の高級寿司店などで提供されています
そんな赤貝をどんぶりで存分に味わえるのは地元ならではです!
そして新鮮な赤貝だからこそ!ヒモや肝まで、身とはまた違ったおいしさを楽しめます

番組では「どんぶり界のセンター」とも言われていました
そんな絶品の『赤貝丼』をぜひ味わってみてください!


【提供店】
●若草寿司     ☆番組紹介店☆
  名取市美田園7丁目1-1 閖上さいかい市場
  TEL 022-784-3523  ※数量に限りがありますので、できれば電話予約をお願いします。
  10:00~19:00 ※ネタが無くなり次第閉店
   水曜定休日

  珍味のヒモと湯がいた肝も付いていますので 更に楽しめます
  オーダーが入ってから捌くので新鮮!
  赤貝丼…¥2,600 (税込)

  どんぶりだけではなく、赤貝の握りも味わえます!


●漁亭 浜や
  名取市美田園7丁目1-1 閖上さいかい市場
  TEL 022-398-5547 ※数量に限りがありますので、できれば電話予約をお願いします。
  11:00~18:00 水曜定休日
 
  身・ヒモ・酒蒸しの肝がひとつのどんぶりに!
  赤貝のおいしさをまるごと味わえます
  他にも様々な海鮮丼を取り揃えております
  赤貝丼…¥2,680 (税込)

 名取市閖上5丁目13 ゆりあげ港朝市メイプル館
 TEL 022-398-5547 ※限定5食 提供できない時もありますので要確認予約
 11:00~14:00 月~土(木曜定休日)
   6:00~13:00 日/祝
 

以上ここまで名取市観光協会公式サイトからの転載。



では番組メインに戻りまして…



▼基本情報
岩手朝日放送公式サイトhttp://www.iat.co.jp/blog/kiwamidon/から転載しました。
↑このリンクが生きてるうちはそっちも見た方がよい。


▼番組放送内容

テレビ朝日系列東北ブロック6局ネット 特別番組
東北縦断どんぶりトラベラー
『 ぜったい食べたい噂の極み丼』
 
放送:2015年1月2日(金)15:00~15:55

番組内容
豊かな食材と美味しい“お米”の産地・東北には、郷土色豊かなご当地丼が存在します。

一杯の丼には生産者のこだわりや料理人のこだわり、地元を愛する人々のこだわりがぎっしり込められています。

まさに、こだわりが光る=“極み”の丼です。  

そんな東北各地に点在する“極み丼”を求めて、食いしん坊芸能人が『どんぶりトラベラー』となり東北各地の名物丼を食べまくります。

旅をするのは、川越達也、谷澤恵里香、具志堅用高、武井壮の豪華ゲスト陣。

わざわざ遠くから足を運んでまで食べたい丼のこだわり、うまさの秘密とは…!?

東北各地のバラエティー豊かな丼が次々登場!満足度120%の1時間です。

ご紹介する“極み丼”

<福島>
★川俣シャモ道 えん屋  『川俣焼きシャモスープ丼』
★旬味 吟哉  『元祖フォアグラをのせた川俣シャモのぶっかけ親子丼』

<宮城>
★若草寿司  『赤貝丼』

<岩手>
★善助屋食堂  『どんこ唐揚げ丼』
★レストハウスゆのさわ  『ゆば丼』

<山形>
★あっさり  『米沢牛 牛すじ煮込み丼』
★なみかた羊肉店  『義経丼』

<秋田>
★カフェレストラン白神森海  『あわびフカヒレ丼』
★手打ち蕎麦と比内地鶏 いな穂  『比内地鶏の親子丼』

<青森>
★サバの駅  『八戸銀サバトロづけ丼』

出演
川越達也
谷澤恵里香
具志堅用高
武井壮


以上、公式サイトからの転載終わり。


以下はネット上で拾った情報を摘まんでまとめたもの、真偽は不明

▼福島県川俣町
川俣軍鶏(シャモ)の親子丼
旬味 吟哉(ぎんさい)
川俣シャモのぶっかけ親子丼1,620円※ランチのみ
川俣シャモ道(ロード)
えん屋 川俣焼きシャモスープ800円
▼宮城県名取市
赤貝丼
閖上(ゆりあげ)さかい市場
若草寿司 赤貝丼 2,600円
▼山形県川西町
牛煮込み丼
川西駅前 あっさり 米沢牛 牛すじ煮込み丼 850円
▼米沢市
義経焼(味噌味ベースのジンギスカン)
なみかた羊肉店 義経丼 700円※平日ランチのみ
▼岩手県宮古市田老
ドンコ丼
・田老仮設商店街「たろちゃんハウス」 善助屋食堂 どんこの唐揚げ丼880円
西和賀町
くみあげゆばを使用した丼
レストハウスゆのさわ ゆば丼730円
▼秋田県八峰町
白神あわび
カフェレストラン白神森海 あわびフカヒレ丼 1,800円
▼北秋田市
比内地鶏
いな穂 比内地鶏の親子丼 1,134円
▼青森県八戸市
さばサバの駅 八戸銀サバトロづけ丼 1,600円

↑以上、転載終わり



テレビ番組は消費スピードの速い情報だから、思いついた時にやっておかないと。
記憶より記録に頼った方が合理的かつ現実的で失敗のない行動ができるのだ~。

正月菜(餅菜)

知りませんでしたが、正月菜(餅菜)って、尾張地方だけのものだったの?

今日の今日まで知りませんでした。
image
餅菜って、お正月の時にだけ売っている(正確には年末年始のみ)野菜で、見た目は小松菜風ですが味はもっとさっぱりしていて、お雑煮の中に入れるとシャキシャキと美味しいのだった。

ほんの一瞬しか店頭に並ばないので、多めに買っておきます。
この餅菜が私は大好きなので。

お雑煮は地方によって全然違うと言いますね。
名古屋では、というか私の実家ではこうしていました。


・だし・・・かつおだしにしょうゆ味
・餅・・・丸じゃなく角切で、我が家では焼かずに入れていました)
・餅菜・・・餅菜(正月菜)。小松菜でもほうれん草でもなく餅菜。
・しいたけ 干しシイタケをだしで戻す感じ?
----------ここまでがデフォルト-------------------
・薄切り蒲鉾
・花麩


来年は、選手のご実家の協力を得て選手の帰省風景とお雑煮を掲載したいですねー


何を食べようがシメはこれ
おかげ庵で一年中かき氷を食べる。 image


ていうか、写真全部ボケボケしてない?おかしくない?
おかしいのは私の目?
以前もこういうことあったので不安~また目がおかしいのかな~
 

初外食「かもん」合格!(名古屋で一鶴風の骨付鳥を探す)

一鶴の骨付鳥が大好きで、四国に行くと必ず食べます。(どんなことがあっても)
香川じゃ当たり前のように食べられる、一鶴を筆頭とした「骨付鳥」が、一歩四国を出ますと全く食べられない。
一鶴もようやく横浜と大阪に出店したので、大阪には毎月食べに行っていました。
ところが2014年は休みが全然なくて、週末はスケジュールが満稿になっていて1度か2度しか食べてない。
ああ名古屋に一鶴があれば、確実に週1レギュラーになると思うのだけど・・・・


無いと言われると食べたくなる!


ということで、定期的にこの「骨付鳥」のお店を探しては出かけております。
探して食べに行っても全く別物ばかりで、食べたい「アレ」ではない。でも「ソレ」は「ソレ」でそこそこ美味しかったりするのだけどね。


前置きが長くなりましたが、今回は四日市まで行ってきました(爆)
新年早々、何をしているのだか。 というか、既に愛知県ですらないし!(四日市は三重県です。)

高速を使い、大体1時間ぐらいかかりました。(バカですね)
しかし行った甲斐がありました。

なんと!!!この「骨付鳥」のカテゴリーで初の合格点が出ました!!!!

ではご覧ください。


おやとひなの競演。
普通におや1ひな1行けます。ふたりならおや2ひな2、あるいはおや2ひな3も行けるだろう。
が、初挑戦のお店なので念のためおや1ひな2で様子見。
  image


ひな!うまい!
image


おや!これはイケます!
image


もしかして、その、オイルの味という意味では、一鶴より美味しい(食べやすい)かも知れません。
特におやのオイルは美味しい!
一鶴でもひなよりおやのほうがオイルの味が濃いのですが、このお店のおやのオイルは非常に旨みがあり、やめられないハマる味です。


さて、こんなに感動させてくれたこのお店の問題点を書きます・・・・

image


実はこのお店、おしゃれショップなのです。

image


全然爆食できる雰囲気じゃない。
何だか知らないけれど、圧倒的な圧迫感(苦笑)
お代わりするのも難しい、このダウンライトにモダンアートなインテリア
どうしましょう、ジャージにダウンベストにクロックスというよくある(爆笑)服装で来てしまいましたが、良かったのかしら~

image


値段もねー全然高くないのだよ。味も美味しいし、四日市という距離であっても、大阪や香川や横浜よりは近いので、外食リストの3軍、いや2軍にねじ込みたいのだけれど・・・・


image

店の雰囲気とメニューがこれほどアンマッチなのも珍しい。
外から見ると「美容院」か「カフェ」 

男一人で入れるかというと・・・・無理!!!!
絶対に無理!!!!

うるさい盛りの子供を4~5人連れて、2家族ぐらいでドヤドヤ行けるかというと。。。。
無理!!!100%迷惑!!!

また、違う店を探してみましゅ・・・・ 

(いまさら)2014年越しそばは大門の伊とう(外人大喜び)

年末年始は非常に寒かった。
でも行かねばなるまい。年越しそば。
image

中村遊郭の跡を利用して作られている「伊とう」
image

大晦日だから、特別メニューしかありません。高ッ!
これは「中村遊郭」の建物を見学するという入場料込のお値段だと思われる。
image

店内は程よく改装され、程よく歴史的建造物の味わいが残っており、非常によろしい。
外観はほぼ完全に保存されているのと、中庭、それをとりまく廊下と雪見風の建具などもそのまま使っています。よって窓際はスキマ風がちょっと入ってきますが、それがまたいい感じです。
image

中庭越しに向こうの座敷が見える。メインダイニングは土足の土間風床ですが、奥は座敷になっている。
あそこに花魁がいたのかな~!などと想像してみるもヨシ!
image

とりあえず、かきの天ぷら。ここのところ写真がイマイチぼけまくり。
image

わたくし自身はかきを食べられませんのでー鑑賞に徹する。いいあがり具合です。
このあと続々明らかになっていくのだが、このお店の天ぷらは食べる価値がある。
image

出た!飾り包丁!日本の美!
これって究極の機能美だと思うの。絞りやすいし、見た目も美しいし、コロコロと転がって行かない。
天ぷら屋さんって、こういうことしますよね。料亭などはもちろんだけど、蕎麦とか天ぷらって、料理そのものは非常にシンプルだから、そのシンプルさの中に店主のこだわりや美学がギュっと詰め込まれていると思う。
image

続いてこちらはアナゴの一本揚げ。
image

飾り包丁TypeBですな!チョロっとしたのが可愛い!
「遊郭の建物の蕎麦屋があるんだって~。」という観光気分のお客さんを決して裏切らない演出。
いいと思います。
image

真打登場、メインの蕎麦。
image

二割ですかね?蕎麦通の人が見たらどう思うか分かりませんが、私自身は蕎麦通じゃないので・・・
蕎麦はどちらかというと「雰囲気で食べる」「天ぷらで食べる」派です。(邪道派)
image

天ぷらはこぢんまりと上品にまとまっており、好きな感じです。
image

なにしろ、こういう「名入り」なところに魅かれる。
image


最近、エコだとか無駄を減らすとか、いろいろな理由で「名入り」が減ったと思います。
独自性が弱まり、大衆化が強まった。

景気も良くなかったし、環境保護への機運も高まっていたから、ちょうどいい言い訳になったと思う。
ビジネスホテルなんかは「エコだ!環境だ!」と叫ぶだけで何も取り替えなくて良くなり、劇的に経費が下がったと言いますね。
ホテルのオーナーと話すと、何がお金がかかるってルームクリーンの人件費らしいので、アメニティの取り換えやあれやこれやのケアを「お客様と一体になった環境保護活動」により少しでも減らしていけば、環境にもよく、またホテルも支出が少なくて済む、ということなのだった。(わかっていましたけど)

私は、名入りは一種の「覚悟」であると思うので、その覚悟の中にはプライドもあり、自信もあり、静かなる「攻め」だと思うの。

そうこう言っていたら蕎麦湯が出ましたよ。
そばを食べる楽しみの30%は天ぷら、30%は蕎麦湯、30%は店の雰囲気、そばの味は10%という私です。
image

蕎麦湯は何かというと、蕎麦を茹でたお湯です。蕎麦の麺は「蕎麦の実」を粉にして練って細く切ったものです。
その工程上でそば粉をつけます。茹でるとそのそば粉がお湯に溶けて独特のとろっとした味わいになる。
これを飲むのが「蕎麦湯」というやつです。


結論ですが・・・「外人大喜び」
ここは「観光地」です。だからお値段も観光地並みの高さ。仕方がありません、観光地ですから!いいじゃないですか、しょぼいエコな店で安い蕎麦食べてるだけじゃつまらない。
観光地だから、デートにも非常に良いと思います。また、大人の家族連れにもよい。実際に客層はそんな感じでした。
image

image

image


個人的には気に入りましたので、これから外人をどしどし連れて行き、オーワンダフォー!フジヤマーゲイシャガールースシサシミー!の後に、オイランーソバーと叫ばせたいですね。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 1年ぶりに戻ってきました(笑)
  • 山田天満宮、新年バトルスケジュール (金神社の初こがね、鷽替え神事など)
  • 山田天満宮、新年バトルスケジュール (金神社の初こがね、鷽替え神事など)
  • 山田天満宮、新年バトルスケジュール (金神社の初こがね、鷽替え神事など)
  • お前がいつの日か出会う禍は、お前がおろそかにしたある時間の報いだ(ナポレオン)
  • 私のお正月=掃除と爆食と?
  • 全治1か月、その1か月目を迎えて。
  • 今年も年越し蕎麦は中村・大門の「伊とう」にて。
  • 今年も年越し蕎麦は中村・大門の「伊とう」にて。
タグ絞り込み検索
  • ライブドアブログ