フラーテル広報日記(NEOスタンダードへの道)

国内最強の社会人ホッケークラブチーム「名古屋フラーテルホッケーチーム」の広報担当者が綴る日々の出来事、私的覚え書きなど。 広報生活11年目に突入! GO FRATER! GO FIGHT!

2015年01月

GO FRATER!GO FIGHT!

日本代表海外遠征中ゆえに我思う

例えば身代金を払い、人質の解放を得たとしよう。その瞬間から日本人は世界各国はおろか日本国内ですら安全に住み暮らすことが難しくなる。

捕まえて身代金を要求すればよい。
武器を持たない一般市民なら、簡単に捕まえることが出来るだろう。
そんな一般市民が年間数百万人も世界中を旅しているのが日本という国である。


たった72時間で200億円を用意できるであろう国として、また、物事の解決方法に武力という手段を選ばない世界で唯一の国として、恐らく、日本は選ばれた。


安倍総理が…というのは、何かこじつけのようにも思える。だから、「安倍総理の辞任と引き換えに助命嘆願を!」「場合によっては安倍総理自身が二人の身代わりになるべきだ」という常軌を逸した意見は何の役にも立たないだろう。

仮に二人が本当に殺害されたとして、我が国の政府や要人の誰にも責任は無いだろう、根本的なことを忘れてしまいがちだが、彼らは誘拐犯であり拉致監禁を行っている犯罪者なのだ。
その行動に至った理由がどのようなものか、などはどうでもよい、全く関係がない。
いかなる理由も犯罪を犯す正当性の主張にはなり得ないからだ。

……自分の悪口を言っていたから腹が立って殺しました、悪いのは悪口を言っていた相手の方です。悪口さえ言わなければ殺そうという気持ちにもならなかったはずだ……というのと同じ。

百歩譲って、今回の一件が本当に安倍総理への反発を意思表示したものだとして、一国の総理大臣の行動や主張に対し、気に入らない、主義主張が異なる、という理由でその国の国民を誘拐・拉致監禁することを肯定したりましてや身代金を払って解放を嘆願するなどという行動は、何の問題解決にもならないばかりか、内政干渉も甚だしい。

さて、ここへ来て新たな動きがある。

在日ムスリム団体が「イスラム国は重大な過ちを犯している」「人質の無条件解放を」とフェイスブックで抗議声明を発表、5つの理由を挙げて「日本はイスラム国に宣戦布告しない国」、故にイスラム国の行動は、間違っている、と訴えている。


その5つの理由とは……

1つめは「日本が、パレスチナとイスラエルが紛争をしている際に、パレスチナに対して支援をする等、多くの場面において、相対的に公正な立場」をとってきたこと、

2つめは日本がパレスチナに対する最大の援助国であること。

3つめはイスラム教徒が日本で平穏無事に暮らしていること、

4つめは日本にいるイスラム教徒の宗教活動に政府が干渉しないこと、

5つめは「日本がイスラム国を含めいかなる国に対しても宣戦布告をしない唯一の国」であること。
※この5つ目に関しては「おそらく最も重要な理由」と強調している。

   続いて、「日本人2人の人質を殺すことで、日本人のイスラムに対するイメージ、そして 日本に住んでいるイスラム教徒に、とても大きな影響を与える」と警告、「このような影響に対して、我々は全能のアッラーの前で、イスラム国が責任を負うべきだ」「日本人の人質を殺すことについて、いかなる弁解の余地もなく、正当性もない」と厳しく非難した。


イスラムの犯した犯罪に対してイスラムが非難する。
原因とされているのが日本人(安倍総理)であれば結果となっているのも日本人(2人の被害者)という、もう本当に


頼むからよそでやってもらえませんか?
おたくの国の問題は、おたくの国でどうぞおさめてちょうだい。

と言いたくなるような出来事だ。


それにしても、
いかなる国に対しても宣戦布告しない唯一の国、かー。(苦笑)
他国はこれを言われたら、それだけで「我が国をナメている!」「無力だと侮辱された!」と怒り狂いそうだな(笑)

国家の威信、国としてのアイデンティティ、プライド、その国の国民として共通の認識や最低限一致しているべき思想、日本はどの国でも持っているこれらの要素を見失い、迷走して久しい。

多文化共生、異文化融合、聞こえの良い言葉を並べ立てたところで、所詮は文化が違うのだから無理だろう、と思ってしまう。

スウェーデンではシリア難民を受け入れ続けた結果、都市部は難民という名の移民とスウェーデン人との内戦状態になっているし、フランスではフランス革命以来という国を挙げての保守的行動が国民全体に広まっている。

日本は……
日本では、ヘイトスピーチ規制法という、真逆の法が生まれそうである。(笑)

日本人が日本にいて、なんで常に日本人が、そこまで遠慮しなくてはならないのか、外国人が日本にやってきて、自国語の表記や説明がないことをなぜ差別だと叫び、日本人はなぜそれをハイそうですかごめんなさいと詫びながら、言われるがままに作り直すのか。

いろいろ、思うことはいっぱいありますね。今は変革のときであり、日本もまた真の国際化へ大いなる第一歩を踏み出そうとしているのだろうと思いたい。
日本人だけが気づいていない、日本人だけが知らないことが多すぎるし、それを知らしめるべきメディアや媒体が正常に機能していない時代が長すぎたのだ。

けれど、ようやく山が動くようだ。
政府は海外向けのメディアを新しく作ろうと検討に入った。
これまで海外向けのメディアと言えばNHKの国際放送だけだったのだが、日本にとっての不利益な報道や間違った認識を与える番組の放送が非常に多いことが海外の有識者の中で問題視され、そのような放送を国営放送という位置付けに置いておくのは如何なものか、ということになったのだ。

全く以てその通りであるし、一体何を今更、とも思う。
NHKワールドにおける不可思議な反日的放送は近年ずっと議論の的であったし、海外向けという点において影響力の強さによる国家レベルでのリスクの大きさも指摘され続けていた、というのに。

まあ、何事も遅すぎるということない。今更だろうが何だろうがやらないよりはやった方がよい。

いかにいろいろな意見があろうとも、国営放送が自国の国旗を画面に出すことをためらい、国歌を全編に渡り編集で削除したりするのは、やはり世界中どこの国の目線から見ても「おかしい」ことなのだ。

まだまだ、人質事件は尾を引きそうな気配であるし、今回が片付いてもまた第二、第三の事件が起きるだろう。
根本的な問題解決までには相当の時間を要するだろうし、そのためにはまず日本が強くならなければならない。
武力の強さより、意志の強さ、精神性の強さが望まれる。

人間もそうでしょう、何でも腕力にものを言わせて暴力的に解決する人、正論だけで理論を語る人と比べたら、筋の通った主張やブレない信念に裏打ちされた行動を取る人の方が信頼される。

日本は良い国だけどなんか魂を抜かれたような所がある。

(アメリカは戦後日本に対して「いかに魂を抜くか」に莫大な労力と時間を費やしたが、その成果は絶大であった。)

けれど、魂は抜かれたのではなく実は戦後レジュームという麻酔で眠っていたのかも知れませんね。

最後にひとこと

「自分の国で苦しんでいる人がいるのに他の国の人間を助けようとする人は、 他人によく思われたいだけの偽善者です。」 (マザーテレサ)

うーん、奥が深い。

石原慎太郎のコラム(産経新聞)

誤解を招かぬために前言しておくが、私はたまたまワシントンに滞在中、間近に目にした9・11の
連続テロに始まる「イスラム国」を含めての中東やアフリカにおけるイスラム系の残酷で非人道的なテロに
共感する者では全くない。

しかし、今回のパリにおける新聞社襲撃などが続く無残なテロ勃発の度、
極時的に起こる非難の中に根底的に欠落しているものが在るような気がしてならない。

それはこれらの事件が人間が文化を保有し、さらに加えて、いくつかの宗教を派生させてきた
長い歴史の流れの中のいかなる時点で勃発したかという視点である。

≪現在も続く文明の相克と悲劇≫

ナイジェリアで多数の女子を誘拐し、奴隷化するなどと宣言したテロ団の指導者が
カメラに向かってわめいていた「われわれはキリスト文明の全てを破壊するのだ」という宣言には、
実はきわめて重い歴史的な意味合いが在る。

かつてニーチェは「西欧における神は死んだ」と言ったが、
その神をこそ彼らは今改めて殺すと称しているのだ。しかし大それたその宣言の背景には、
実は重く長い歴史的蓋然性があることを忘れては、この問題への正しい対処はあり得ない。

ヘーゲルは「歴史は他の何にもましての現実だ」と説いたが、キリスト教文明とイスラム教文明の相克は
はるかに古く、2世紀におけるサラセン帝国とキリスト教圏との衝突に始まり、中世の十字軍騒動以来、
実は今日まで続いている。

≪隷属を強いられた有色人種≫

中世期以後の歴史の本流はキリスト教圏の白人による、他のほとんど全ての有色人種の土地の一方的な
植民地化と収奪による白人の繁栄だった。アフリカや中東、あるいは東南アジアの全ての地域は
西欧諸国の進出によって区分され、植民地化されて、一方的な隷属を強いられてきた。

今日、声高に人権と民主主義を説くアメリカもまた、あの厖大(ぼうだい)なアメリカ大陸を、
原住民だったアメリカインディアンを殺戮(さつりく)駆逐することで領有し国家として成立したのだ。

ちなみにこの世界の中でもっとも長く、最近まで黒人の奴隷制度を保持してきたのはアメリカに他ならない。
その余韻は今でも頻発する黒人に対する白人警察官の発砲殺戮事件として続いている。

近世において近代国家として再生した日本はその中での希有(けう)なる例外だったが、日本もまた、
敗戦後の日本を統治解体したマッカーサーが退任後、アメリカ議会で証言したように、あくまで
自衛のための手段として西欧の列強を真似(まね)して軍国化し植民地支配に乗り出さざるを得なかった。

そうした歴史の流れのもたらした必然を無視して、植民地支配と等質の論拠で戦後に行われた
東京裁判での歴史観を踏襲した「村山談話」なるものを、日本の政府が今さらに踏襲するというのは、
歴史の流れという大きな現実を無視した無知の露呈といわざるを得ない。まして「河野談話」をやである。

起こした戦争を含めて有色人種の中で唯一の近代国家としての日本の誕生と存在は、
世界史の流れに逆らって大きな引き金を引いたのだ。

≪新しい宗教戦争の到来≫

視点を現実に起こっているイスラム系のテロに向け直せば、中世以後のアラブやアフリカが強いられ
被った歴史を見直せば、彼らが今改めて、西欧の神を殺すと宣言して憚(はばか)らぬ所以(ゆえん)の
歴史的な蓋然性に気付くべきにちがいない。

パリの新聞社に向けられたテロについての強い非難の論拠に、フランスがかつての革命で手にして
国是として掲げている「自由、博愛、平等」を踏まえるのは妥当としても、かつて植民地として支配した
アルジェリアや他のアフリカや中東のイスラム圏で、それらの国是がはたして同じ人間のイスラム教徒に
保証されていたかどうかは、あのドゴールさえが手を焼いたアルジェリアを巡る紛争を振り返れば
自明のことだろう。

世界中を大きな不安におとしめているイスラム系のテロに冷静に対処するためには、
あれらの暴力行為の歴史的蓋然性について自覚することこそが何よりも肝要に違いない。

要約すれば、数世紀続いてきた白人の世界支配がようやく終わろうとしている今、
新しい宗教戦争が始まろうとしているのだ。(いしはら しんたろう)

引用転載元:産経新聞Web
http://www.sankei.com/column/news/150123/clm1501230001-n1.html

日本代表「ワールドリーグRound2」予選2位通過!

さあ2015年も日本代表の海外遠征で幕開け!
1月17日(土)より、ワールドリーグラウンド2がシンガポールにて開催されております。
8カ国での対戦となり、上位3チームが次のステージとなる、ラウンド3(セミファイナル)へと進出できます。
日本は、リオデジャネイロオリンピック出場権獲得を目指して、ワールドリーグに挑戦中!

気になる戦績は・・・予選3試合を終えて日本代表は予選2位で通過。

▼予選の試合結果
1月17日(土) 17:00~ ○日本5-1バングラデシュ
1月18日(日) 18:30~ ●日本2-3ポーランド
1月20日(火) 10:00~ ○日本6-0メキシコ

プール内では世界ランキング最上位チームですから、予選1位での通過を目指していたに違いありません。
ま、そのぐらい世界ランキングというのはあてにならないとことがある。目安としては良いけれど、上位チームが必ず勝つとは言えないのだ。ゆえに日本も上位ランクのチームを倒せる可能性もあるのだ、ということにもなる。

▼ 参加チーム(世界ランキング)
【グループA】            【グループB】
マレーシア    (13)      日本       (14)
オマーン     (22)      ポーランド    (18)
ウクライナ    (24)      バングラディシュ (30)
シンガポール   (36)      メキシコ     (35)


▼フラーテルからは以下の選手が参加しています。

小野 知則 選手(金印㈱)
川上 良平 選手(ホンダロジコム㈱)
粥川 幸司 選手(表示灯㈱)
山下 学  選手(表示灯㈱)
藤本 一平 選手(表示灯㈱)
山部 晃嗣 選手(表示灯㈱)
佐々木拓郎 選手(表示灯㈱)
新本 優  選手(表示灯㈱)

▼この先の試合スケジュール
1月22日(木) 準々決勝
1月23日(金) 5-8位決定戦
1月24日(土) 準決勝
1月25日(日) 決勝、3位決定戦、5位決定戦、7位決定戦


============================
何もわからなくても最低限これだけは押さえておきたい知識
============================
とりあえず、この程度覚えておけばよい。
私もこのぐらいしか知らん。もっと詳しく知りたい人は錦織チーフスカウトにお便りを送ろう!(笑)


【その1】
ラウンド1<2<3 と数字が大きくなるほど強くなる。(上位大会)
ラウンド1を勝ち抜いてラウンド2へ。ラウンド2を勝ち抜いてラウンド3へ。

【その2】
ラウンドは世界ランキング別のヒエラルキー

▼R1 世界ランキング17位以下で戦って、上位14か国がラウンド2へ



▼R2 R1から上がってきた14か国+世界ランキング9~16位の8カ国=合計23か国
世界の4つの会場に分かれて戦う。(日本はシンガポール会場です。)
シンガポール会場からは上位3チームがR3に進出可能。 ←日本はいまここ。



▼R3 セミファイナル!(5月から開催)


シビアな言い方をしますと、R2までは底辺だな・・・

R3までは最低行かないとねえ。
R2の段階ではまだ世界ランキング1~8は寝て待ってる状態ですし、シンガポール会場を含む4会場から3チームずつ来るとしても、
ランク1~8位+12チーム(R2からの4会場×上位3チーム)=20チームぐらいはR3にいることになるし。
これを世界のベスト20と考えた場合、それ以下は五輪なんか遠い遠い!!って感じになりますわね、これシビアに見たら。


R1 ホッケー競技をやっているだけ、一応代表チームというものがある、というレベル
R2 ちゃんと国をあげて強化しており国際大会への参加意識も高い(強いかどうかはともかく)というレベル
--------------あっち側とこっち側を分ける壁--------------------
R3


世界の舞台(あっち側)、は事実上「R3」ぐらいからだろうなあ。

ああ悲報~style eyes(by金子眼鏡)@オアシス21閉店!

何ということでしょうか!
オアシス21にあるstyle eyes (by 金子眼鏡)がこの2月に閉店だそうです。ああ!
これで名古屋で金子眼鏡を買える場所がまた減った。NONO!

オアシス側の大人の事情があるらしいのですが・・・・
金子眼鏡の生きる場所をオアシスは与えてあげて欲しかったなー。
別に売上や集客が悪いわけでもないようだし(@情報通によれば)
金子眼鏡は残りたかったらしいじゃないですか!もう!オアシスってば!!

最近のオアシスはアイドル臭やキャラクター臭のするもの以外は受け付けない。
って訳じゃないよね?うーん。

ええええどうしてーーこれからどこで眼鏡を買えばいいのーーー

※目は悪くないけど!
※度のはいったグラスを買ったことないけど! 

この広報日記でこれまで紹介しただけで4~5回買ってますね!
視力1.5なのに年1回~2回眼鏡やで何か買ってる私って・・・・。

とりあえず1個買ってきた。
どうしよう、なにか落ち着かないので近日中にまた買いに行こう。
もしかしたらこの先なにか急に目が悪くなるかもしれないので(?)
今のうちに気に入ったフレームを2~3個買って、その時に備えよう。

写真はのちほど
 

祝4冠 (秘)私の常備食品(本当に心からお勧め)

祝4冠ということで、新年から少々プライベートを露出しています。
それで、今回は私が自分自身本当に日常的に購入して食べている食品をご紹介します。


その1 アーモンドミルク

最近これ日本でもブレイクし始めましたね!
ようやく普通に買えるようになってきて嬉しい。アメリカではもう何年も前から豆乳や牛乳よりアーモンドミルクを選ぶ人が増えてきてました。
image

アーモンドミルクは、アーモンドをミキサーにかけて絞ったもので、カロリーは牛乳の1/4以下なのにコレステロールはゼロ、スルスルっとした臭みのないノドごしがたまりません。
これは日本におけるアーモンドミルクのリーディングカンパニー、筑波乳業のもの。
尋常じゃない栄養量なので、飲まずにはいられない。



続いて、

その2 飲む豆乳。

どっろどろの豆腐、みたいな感じ。
これにしょうがを入れてしょうゆを入れて飲むと超うまい!
冬の必需品です。

image




その3 うずら卵

愛知県豊橋市の名産です!

image


うずら卵には鶏の何倍もの栄養が含まれています。
私はこれを1日1パック(10個)ナマで一気飲み!
サプリでは絶対に取れないビタミンAがこれで全部ばっちり取れるからです。



その4 ヨード卵光

どこにでも売っていて簡単に買えるのに、100円200円を惜しんではいけない!
しかもこれ小玉が6個入りという使い勝手の良さ。
 image



その5 クリームチーズ(フィラデルフィア)

食べやすく、フルーツに合う。
ぶっちゃけ夜食(笑)

image



その6 ローヤルゼリー

体が弱いうえに爺婆っ子だった私は、実のところ幼少時代から飲んでおりました、ローヤルゼリー。
どこのじいちゃんばあちゃんの家に行っても必ず転がっているローヤリゼリー!
三つ子の魂百まで!という感じで未だに飲んでます。

image

最近国産からNZ産にブランドを変えました。
変えた理由はこの昆虫っぽい生々しいカプセルが急に欲しくなったので。 image
中を見たがりの私は、むろんこのソフトカプセルを解剖した。

何か蛍光塗料のようなどろどろの油が詰まっていました。
舐めてみたけど気持ち悪い!カプセルなしじゃ飲めんな~

カプセルなんかダメだ、生のローヤルゼリーが一番いい!!などと言う方もありますけれど・・・
普通の味覚を持ち普通の生活をしている日本人が生ローヤルゼリーなんか口にしたら、げげっと吐き出してしまう味だよね・・・(経験あり)
あの、いかにも昆虫(蜂)がアレしてコレして出した感じがする独特のキモイ風味。

でも多分体にはすごくいいんじゃないかと思う。


(予定)その7 高麗人参 ※写真なし
60歳(還暦)を迎えたらぜひ飲みたい。
まだ飲んだこともないし、そもそもどのように食するものなのかもよく知らないが、時代劇の世界ではどのような病もこの高麗人参があれば治るという設定になっていることがある。
そして病気のおっかさん(おとっつぁんでも可)に高価な高麗人参を飲ませるために孝行娘が身を売ったり、息子が盗人の仲間に入ってしまったりする罪作りな品ですけれど。

私が子供の頃考えていた高麗人参とは、ズバリこれ、マンドラゴラ。
Screenshot_2

人間そっくりな植物で、引っこ抜くと「ヒィイイイイイイイーーーー!」と叫び声をあげる。
その声を聞いた人は死んでしまうため、犬に紐をつけて引っこ抜かせる。

Screenshot_3
マンドラゴラのメスとマンドラゴラのオス

Screenshot_4

引っこ抜かれたマンドラゴラは犠牲になった可哀想な犬の死体をつけたまま売り出されるそうな、犬の死体がついていると「おおこれはまだ引っこ抜いたばかりなんだな、新しいぞ!」と新鮮さをアピれるらしい。
あーいいねえーマンドラドラ。結構本気で、信じていましたね、高麗人参=マンドラゴラ説(私の勝手な説)









アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 1年ぶりに戻ってきました(笑)
  • 山田天満宮、新年バトルスケジュール (金神社の初こがね、鷽替え神事など)
  • 山田天満宮、新年バトルスケジュール (金神社の初こがね、鷽替え神事など)
  • 山田天満宮、新年バトルスケジュール (金神社の初こがね、鷽替え神事など)
  • お前がいつの日か出会う禍は、お前がおろそかにしたある時間の報いだ(ナポレオン)
  • 私のお正月=掃除と爆食と?
  • 全治1か月、その1か月目を迎えて。
  • 今年も年越し蕎麦は中村・大門の「伊とう」にて。
  • 今年も年越し蕎麦は中村・大門の「伊とう」にて。
タグ絞り込み検索
  • ライブドアブログ