フラーテル広報日記(NEOスタンダードへの道)

国内最強の社会人ホッケークラブチーム「名古屋フラーテルホッケーチーム」の広報担当者が綴る日々の出来事、私的覚え書きなど。 広報生活11年目に突入! GO FRATER! GO FIGHT!

2014年12月

GO FRATER!GO FIGHT!

(写真10枚)HJL決勝 試合前風景

本当に素晴らしく天気が良いのです。
こんなにいいお天気は久しぶりに見るような気がする。
空が、青いのだ。

P1260600



P1260598


P1260599


P1260602


P1260603



本日の日本リーグ観戦視察は、公認コーチプログラムの一部になっているようです。
フラーテルOBの姿もありました。


3年連続4冠達成を成し遂げたフラーテル初代主将の小澤和幸さん。
日本代表選手としても多大な功績を残しました。
P1260607

3年連続4冠達成した当時の正GK・三好浩史さん。
日本代表正GKとして世界の舞台で活躍していました。
P1260608


P1260606





P1260613



P1260605




(写真9枚)彼らは何をしていましたか?

試合前の一番大事な時間に、彼らは何をしていましたか?と聞かれましたのでこう答えました。
選手たちは、バスの中で、スタンドで、たくさんのサインを書いていました。
今日は本当に久しぶりに、恐らく初戦以来初めて、全員が揃っているです。
だから、サインはその場で完成します。いつも「この人は今日来ていないからごめんね」といって、一つ足りないままお渡ししていましたが、今日は全員揃っているのです。

 P1260582


「むー、どういう風に書きゃいいのかなー。」(奥が#22大門美生、手前は#5佐々木拓郎)
(全選手を2枚に分けてとかそういうリクエスト)
P1260586


「はー、みんないいサインだな~。」(#15松本謙人)
P1260588


「まだ書いてない人ー」(奥#12吉原平太)
P1260589

粥川HC「これ誰にあげるの。」
P1260591

橘CAP「手袋がぁ邪魔!でも書く!」
P1260594


P1260592

バスとスタンドを往復して、なんとかアップまでに全員書き終わった!と思ったら一人だけ書いてない人が!
バスにもいないスタンドにもいない・・・・

「コンビニ行ってました~」
P1260596

山下VCあなたが最後の一人です。
山下VC「ええー自分が最後ーごめんなさいー。」


バスにはポテトチップスしあわせバター。→関連記事はこちら「橘キャプテン!しあわせバター来てます!
P1260584




(写真24枚)HJL決勝の朝 出発風景

この記事は「では行って参ります」の記事の追加写真を掲載しています。併せてご覧ください。


びっくりするぐらい空が青く

 P1260551


選手はみな、光の方向からやってくる
シルエットがだんだん近づいてくる

P1260555

P1260556

本当にまぶしくて、シルエットを見れば選手が分かる!と豪語している私ですけれど、逆光のまぶしさに目が開けられなくて、今日ばかりは近づいてくるまで誰なのか分からない。

P1260557


P1260558

P1260561

P1260562


P1260563


P1260564


最も分かりやすいシルエットの3人が歩いております。
(向かって左から#10山部晃嗣・#14長澤克好・#9藤本一平)
P1260565

P1260566


P1260569


P1260568


P1260567





P1260572

P1260571
P1260571

顔を腫らしながらもコーヒーを忘れない#4小野さん

P1260570


P1260577


ああこの木。この木を忘れないわ。でも記憶の中では3本だったのだけど、今みたら二本しかない、何か壮大な記憶違いをしているのだろうか?
ここ山梨学院スタジアムでHJL7連覇を阻まれた試合後、私はこの木を見ながらああーって叫んでいました。

P1260576

この木を見るたびによみがえるあの苦々しい思いを何としても今日別な思い出に上書きしたいと本当に思う。こんなチャンスは二度とは来ない。

P1260575


P1260574


P1260581


P1260580


P1260579


アルプスが美しい。山頂も晴れている。



選手の投稿を読みながら(涙)

2014年を振り返って、というタイトルで全選手が選手ブログにて、本年最後のコメントを発表していきます。
私は、役目柄それを皆様より一足先に読み、作業をしているわけなのですが・・・・


なんか!だめ!泣けてきた!


考えてみれば、新人で入部していきなり大きなタイトルを取るってのも物凄いことだと思うし、今年の新人はそれだけ強運なのだという風にも言える。
1年を通して、フラーテルはケガのデパートであり、ありとあらゆるケガを1年じゅう見てきたし、みんなが書いているし私も散々書いているけれど、いっつも誰かいない!!今回こそは全員で、と思っていても常に誰か欠けている。

良平(#2川上良平)のアゴ骨折から始まって一番最近ではナオト(#8塩川直人)の親指骨折まで、足だ腰だ手だ膝だともうおなかいっぱいでした。風邪も多かったねー!

しかし新人が多かったせいもあり、何か悲壮感は無かった。
新人は4冠どころか「社会人初出場」「社会人初勝利」「社会人初得点」「社会人初優勝」とまあ7人もいるので途中で書くのもやめたぐらいなのだけど、何をしても初初初初ですからね。
遠征ひとつ取っても、遠征地と宿舎はだいたい紐つけされている感じなので、駐車場の場所も道行もいつもの通り、なのですが今年は全然それが通用しない。

新人は「キョトーン」だったりするのです。
でもそれは非常に新鮮で、良かったかもしれない。
私たちは、私たちの知っていることがチームの常識になってしまっていたかも知れなくて、新人はそれを思い出させてくれる存在だ。けれど新人の人数が少ないと大河の一滴が如く、影響力は低くなる。
自然と新人がチームの流れに従っていくことになる。
しかし今年のように新人が大量に入ってくると、チームの流れに従って物事を進めるのは大前提として、新人の中で役割分担をしたり、分業したりの 二次的側面が存在するようになるのだった。

選手のコメントを読みながら、いろいろなことを思い出しましたし、それぞれの言葉で書かれた今年の振り返りを我がことのように感じながら何度も読み返していました。

誰もが、最初は新人であり・・・・
みんな、試合に出たい 勝利に貢献したい と願うんだよね。
そして、せっかく試合に出してもらったのに結果を出せなかった、
試合には勝ったが自分は何一つ役に立たなかった と涙するのです。
やがて、何であれ、何よりも、チームが勝つことが大切であり、個々の頑張りや目標は見えないところでそれを支える柱の一つであると気づいていくのでしょう。

一人ではできないスポーツを選んだその時から、ここ、フラーテルでプレーをするという運命の歯車はもう回り始めていたのだと思う。

1年早く生まれてきても、1年遅く生まれてきても、一緒には戦えなかった、そういう運命のチームメイトとパスを回しながら2014年が終わろうとしている。
1試合1試合、違う顔ぶれだ、本当に1試合1試合、顔ぶれが違いました。
同じメンバーで安定してやりたい、と最初は考えるかもし得ないけれど、誰が出ても勝てる、ということは更に一段も二段も上のお話なのである。

4冠取った後、カユ(粥川幸司HC)が笑顔で、「あー泣くかと思ったけど、泣かないものだなー!あーついにやったわー」と清々しい表情で誰に言うともなく大きな声で話していました。
まったくその通りだなーと思いながら、それを聞いていました。

悲しくて悔しくて泣いていたこともあったけれど、ある時に私も、悲しい時に泣くのはもうやめよう、と決めたんですね。泣くときは嬉しい時だけにしようと。
橘キャプテンが「毎年言いながら取れないから今年は言わずに、と思ったけどキャプテンがそんなんでどうする、と思い決意を言葉にした」というようなことを書いていましたけれど、私も、「私が泣いててどうする!!」と思ったんですね。 

まあぶっちゃけ話になりますけれど、選手の親御さんが泣いて電話してくれたりするのです、私たちはファミリーだからそんなのはしょっちゅうで、当たり前。でも一緒になって泣いていても仕方がないのです、皆が不安で皆が悲しい時にこそ、選手の心を代弁するという、チームのいくべき道を一緒に行っていただけるよう手を取りあっていくとい大事な役目があるのです。

今年はどの競技場に行っても、なぜだか過去の試合をふつふつと思い出していました。(特に負け試合)
それから、小矢部や東北など、初めての競技場があったのも新鮮だった。
さらに言えば、もう行く機会は二度とないだろうとすら思っていたルネッサンス棚倉の競技場に再び訪れるとは本当に感無量だった。

こんなにいろいろなこと思い出していて、私もしかしてこれ走馬灯というやつで、死期でも迫ってるのか?とややビビりながらの1年でした。体調も全然悪くなく、チームは個々を見ればヨロヨロの人もいながら、一人の最強な巨人が最前線で戦って勝利を得るのではなく、重装歩兵密集体のように集団の力で一歩一歩進んでいく感触を今年はひしひしと肌で感じていましたね。

楽な試合がほぼゼロだった

とも言えましょう。ギリ勝ちの連続、しかし終わってみれば負けてない!(凄すぎる)
勝つことよりも負けないことがどれだけ難しいか、そうそれって
「あきらめないこと」「にげないこと」であり、不負ということなのだなあ。

アッ旗に書いてる!(知ってた)

 

おぉ~(感激)

完全にソロ活動のままクリスマスイブ・クリスマス・誕生日の3日間を終えそうな雰囲気が99.9%だったのですが・・・

おお!妹が誕生日プレゼントを持ってやってきました(感動)
image

ヤバイ~可愛い~
いいですか?ご存知の方もあるとは思いますが、私はひらひらが好きなのです。
そしてピンクが好きなのです。(何を書いているんだか)
image

この誕生日という日に、どまんなかストライクを投げて私というバッターを簡単に打ち取る妹は、このように天使の顔もある一方で悪魔の顔も持っておりまして、悪魔の部分では私の生涯の天敵です。
この妹の前に私は、これまでの人生でほぼ「NO」と言ったことのない姉なのです。
でも今日は天使の方が来たのでよかった。


こちらが観葉植物です。クリスマスツリーのない我が家に何らかの役目を担うためにやってきましたけど・・・
image

さすがにこんなものをつけられるとは思っていなかっただろう、羊ちゃん。しかも手作り(BY母)
image

image

置く所も考えずに買ったので、我が家における「島流し」的なポジションに置かれました。(悲)
一応猫の椅子です。
image



ちなみに、ピンクのひらひらを載せて写真を撮った台になっているのは、今日、私が私への誕生日プレゼント、として衝動買いしたライティングデスク。
image

使い道とか置く場所とか一切考えなしで買いましたので、やはり「島流し」的なところに放り込まれてしまいました。

この部屋は、私がここ数年「衝動買い」やなんやらで買ってきた品々が、「いずれ来るであろう出番を待って」スタンバイしている待合室です。別名、「妹の狩場」でもあります。
早くもこのライティングデスク、「いらなくなったらちょうだい!」と言われています。

はっきり言って、高かった!これ!
でも置く所もないし どうしようと思っていたところに妹が来た。
もう妹に貰われていく運命だったとしか思えない。

ハー  でも真面目に置く所ないから
もう妹にあげよう せめて今夜ぐらいはウチに置いとく。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 1年ぶりに戻ってきました(笑)
  • 山田天満宮、新年バトルスケジュール (金神社の初こがね、鷽替え神事など)
  • 山田天満宮、新年バトルスケジュール (金神社の初こがね、鷽替え神事など)
  • 山田天満宮、新年バトルスケジュール (金神社の初こがね、鷽替え神事など)
  • お前がいつの日か出会う禍は、お前がおろそかにしたある時間の報いだ(ナポレオン)
  • 私のお正月=掃除と爆食と?
  • 全治1か月、その1か月目を迎えて。
  • 今年も年越し蕎麦は中村・大門の「伊とう」にて。
  • 今年も年越し蕎麦は中村・大門の「伊とう」にて。
タグ絞り込み検索
  • ライブドアブログ