今年は最初からあなたに決めていました!!!
「伊とう」さん!!

どこにも迷うことなく猫まっしぐらで大門へ。
詳しくは昨年のレポも参照してね、ですけど、
この大門というのはかつて中村遊郭のあった場所で(かつてというのは戦前戦後ぐらいだろう)
「伊とう」はその遊郭のお店を改装して蕎麦屋にしたのだった。


だからたたずまいが素晴らしい。


 NCM_0031


雰囲気重視派には本当にお勧めします。
おしゃれカップルにも家族連れにもOK
お店自体は非常にアットホームで、店員さんも大変明るく元気で笑顔いっぱい。



NCM_0018



何と言ってもこのお店は、最近では珍しくなってしまった「板さんのいる蕎麦屋」なのだ。
つまり、一品料理がとことん楽しめるのだよー


こちら白子の天ぷら


NCM_0020


私は白子などのぐんにゃり内臓系はまったくだめでございます。
けれど相方が白子を食べたいというので!


総覧はこちら↓

NCM_0022


今年は、年越しメニューの中でも大海老おろしを選んでみました。


第一印象
でかい!


海老が、じゃなくて


NCM_0027


器が!つるとんたん!!


NCM_0026


ううん 器のでかさが写真では表現しづらい!

箸を置いてみました、でも伝わらない!この器の大きさや重厚さが。


NCM_0024


大変おいしくいただきました。
このお店はまさしく雰囲気イケメンなのですが、唯一、これが残念だ。



 NCM_0021

デニーズ以下の紙おしぼり。
(号泣)


ちなみに年越しメニューはこちらです。


メイン


NCM_0016
 

一品料理

NCM_0017
 

蕎麦の味としてはまあまあ普通
(雰囲気イケメンに雰囲気以外の多くを望んではいけない)

けれど私は巷にいう「蕎麦通」でもなんでもないので、
※蕎麦通ってなんであんなにうるさいのだろう、講釈が多すぎて二度と一緒に蕎麦を食べに行きたくないわ
普通においしくいただいて、わあヨカッタ良かった、次回はオトンとオカンも連れて来よう!と帰ってきたのでした。


あ、大事なことが!


このお店は昔の建物なので、現代における一般的な飲食店の「フル暖房」より寒いです。
すきま風がどこからともなく入ってきますので、車に上着を置いてくると、お席によっては寒い恐れがある。
ひざ掛けとかきちんと用意されており、店側の対策も準備もぬかりないので大丈夫ですけどね!