さあ2015年も日本代表の海外遠征で幕開け!
1月17日(土)より、ワールドリーグラウンド2がシンガポールにて開催されております。
8カ国での対戦となり、上位3チームが次のステージとなる、ラウンド3(セミファイナル)へと進出できます。
日本は、リオデジャネイロオリンピック出場権獲得を目指して、ワールドリーグに挑戦中!

気になる戦績は・・・予選3試合を終えて日本代表は予選2位で通過。

▼予選の試合結果
1月17日(土) 17:00~ ○日本5-1バングラデシュ
1月18日(日) 18:30~ ●日本2-3ポーランド
1月20日(火) 10:00~ ○日本6-0メキシコ

プール内では世界ランキング最上位チームですから、予選1位での通過を目指していたに違いありません。
ま、そのぐらい世界ランキングというのはあてにならないとことがある。目安としては良いけれど、上位チームが必ず勝つとは言えないのだ。ゆえに日本も上位ランクのチームを倒せる可能性もあるのだ、ということにもなる。

▼ 参加チーム(世界ランキング)
【グループA】            【グループB】
マレーシア    (13)      日本       (14)
オマーン     (22)      ポーランド    (18)
ウクライナ    (24)      バングラディシュ (30)
シンガポール   (36)      メキシコ     (35)


▼フラーテルからは以下の選手が参加しています。

小野 知則 選手(金印㈱)
川上 良平 選手(ホンダロジコム㈱)
粥川 幸司 選手(表示灯㈱)
山下 学  選手(表示灯㈱)
藤本 一平 選手(表示灯㈱)
山部 晃嗣 選手(表示灯㈱)
佐々木拓郎 選手(表示灯㈱)
新本 優  選手(表示灯㈱)

▼この先の試合スケジュール
1月22日(木) 準々決勝
1月23日(金) 5-8位決定戦
1月24日(土) 準決勝
1月25日(日) 決勝、3位決定戦、5位決定戦、7位決定戦


============================
何もわからなくても最低限これだけは押さえておきたい知識
============================
とりあえず、この程度覚えておけばよい。
私もこのぐらいしか知らん。もっと詳しく知りたい人は錦織チーフスカウトにお便りを送ろう!(笑)


【その1】
ラウンド1<2<3 と数字が大きくなるほど強くなる。(上位大会)
ラウンド1を勝ち抜いてラウンド2へ。ラウンド2を勝ち抜いてラウンド3へ。

【その2】
ラウンドは世界ランキング別のヒエラルキー

▼R1 世界ランキング17位以下で戦って、上位14か国がラウンド2へ



▼R2 R1から上がってきた14か国+世界ランキング9~16位の8カ国=合計23か国
世界の4つの会場に分かれて戦う。(日本はシンガポール会場です。)
シンガポール会場からは上位3チームがR3に進出可能。 ←日本はいまここ。



▼R3 セミファイナル!(5月から開催)


シビアな言い方をしますと、R2までは底辺だな・・・

R3までは最低行かないとねえ。
R2の段階ではまだ世界ランキング1~8は寝て待ってる状態ですし、シンガポール会場を含む4会場から3チームずつ来るとしても、
ランク1~8位+12チーム(R2からの4会場×上位3チーム)=20チームぐらいはR3にいることになるし。
これを世界のベスト20と考えた場合、それ以下は五輪なんか遠い遠い!!って感じになりますわね、これシビアに見たら。


R1 ホッケー競技をやっているだけ、一応代表チームというものがある、というレベル
R2 ちゃんと国をあげて強化しており国際大会への参加意識も高い(強いかどうかはともかく)というレベル
--------------あっち側とこっち側を分ける壁--------------------
R3


世界の舞台(あっち側)、は事実上「R3」ぐらいからだろうなあ。