豊田の「うな武」がお気に入りだったのに味がもうアカンことになり、かといって尾張瀬戸の「田代」は営業時間や混雑具合のハードルが強烈に高すぎて行く前に心が折れる(-_-)

そんなわけてしばらくうなぎを食べていない。1500~2000円ぐらいで食べられた頃はハズレも覚悟の食べ歩きができたのだけど、うなぎ稚魚の不漁や中国による生態系無視の大乱獲により価格は高騰を続け、ついに3000円コースに突入してきた。

もうハズレは許されない!

しかもうなぎは1点買いの料理だから万が一の場合にも一切の逃げ場ナシ。
店選びも本当に慎重にならざるを得ない。

うちのご近所には「川長」(うなぎ釜飯)やら「西本」などの著名店があります。
が、川長はともかく西本はどうなのよ、上品だけど個人的には美味しいとは思わない。川長も何年も行ってないな~、釜飯の量が私には多すぎる。

前置きが長くなりましたが!
image

来た!多治見の「うなぎや」!
創業安政六年!江戸時代ですけど!

大変、大変おいしくいただきました。
大満足しました。
image

まあほんと、堂々たるお値段で~(苦笑)サイドメニューにもブレ無し。
image

寿司屋並みの湯飲みも大変よろしゅうございます。
image


特上うな丼
image

画面からうなぎがはみ出るぅ~(歓喜)
image


雰囲気も気に入った。
image

看板もなかなかよい。
image


名前はそのものズバリ。
image


多治見にはここ以外に、二番目に古いお店、三番目に古いんだけど創業は明治でちょっと新しい(?)というお店があるようで、この3軒は同じエリアで1世紀以上張り合って味を競いながら平成の時代まで生き残ってきた「ガチ」なお店のようだから、もう全部回るしかないな。

名古屋からは多治見ICまでの高速代がプラス。
せっかくだから観光もされてはどうでしょうか?古い街並みもあり、また歴史ある多治見カトリック修道院などは一見の価値がある。