フラーテル広報日記(NEOスタンダードへの道)

国内最強の社会人ホッケークラブチーム「名古屋フラーテルホッケーチーム」の広報担当者が綴る日々の出来事、私的覚え書きなど。 広報生活11年目に突入! GO FRATER! GO FIGHT!

GO FRATER!GO FIGHT!

サムライJAPAN次なる挑戦へ!(ワールドリーグラウンド3)

チームリリースを転載しておきます!


【サムライジャパン ワールドリーグラウンド2で優勝!】
3月25日からトリニダード・トバゴで開催されました、男子のワールドリーグラウンド2ですが、見事全勝で優勝することができました。
この優勝にともない、サムライジャパンは、ラウンド3(セミファイナル)にコマを進めることになりました。

【ラウンド2最終順位】
優勝:日本(16)
準優勝:カナダ(11)
3位:アメリカ(29)
4位:ロシア(22)
5位:トリニダード・トバゴ(33)
6位:スイス(30)
7位:チリ(26)
8位:バルバドス(ー)
()内は世界ランキング

【試合結果】
予選リーグ
対 スイス 3-0
対 ロシア 3-1
対 トリニダード・トバゴ 5-1
準々決勝
対 バルバドス 5-0
準決勝
対 アメリカ 2-0
決勝
対 カナダ 2-1

【サムライジャパン スルタンアズラン・シャーカップに参戦@マレーシア(開催都市:イポー)】
1998年以降、毎年マレーシアにて開催されている国際大会にサムライジャパンが参戦致します。
昨年の同大会では、7ヶ国(日本・オーストラリア・インド・ニュージーランド・パキスタン・マレーシア・カナダ)が参戦し、日本は6戦とも僅差ながらも1勝もすることなく最下位に沈んでいる大会です。
ワールドリーグラウンド3前に、今、日本の力の見極めが出来る重要な大会でもあります。


【出場国】
日本(16)
オーストラリア(2)
インド(6)
イギリス(7)
ニュージーランド(8)
マレーシア(14)
()内は、世界ランキング

【試合日程】
4月29日・・・・対 マレーシア 21:35~
4月30日・・・・対 イギリス 19:05~
5月2日・・・・・対 ニュージーランド 19:05~
5月3日・・・・・対 インド 17:05~
5月5日・・・・・対 オーストラリア 19:05~
5月6日・・・・・対 順位決定戦
※日本との時差は、マイナス1時間です。


さてこの大会のメンバーにフラーテルからは次の3名が選ばれております。 
・山下 学
・吉原 平太
・新本 優

以上
※チームリリース(BY錦織FM)より転載。




余談ですが・・・

 私の中でそろそろ吉原平太選手を三代目「小さな巨人」の襲名を許す流れでございます。
(なんだその上から目線は!笑) いやぜひ襲名していただきたい!

初代 西村泰昭選手は大学時代から日本代表入りし、身長165センチながらワールドカップを始め数々の大会で活躍、豊富な運動量で縦横無尽に飛び回るその姿は世界の舞台で驚きと賞賛の歓声をもって迎えられました。

二代目 小野知則選手は初の代表入り大会において日本ホッケー史上初のパキスタン戦勝利の立役者となり、その雄姿は世界中に伝えられました。 身長168センチ。高い身体能力と抜群のポジショニングが光っていた。

そして私が三代目と目している吉原平太選手は身長167センチ、小さな巨人の第一条件クリア!(笑)
今シーズンなにかひと山当てたら(←?)その瞬間に襲名ということにさせていただきたい!
誰も異論は無いと思うのね。異論があるとすると謙虚な本人が「いやーもう自分なんてそんな」とか言いそう。(だが超笑顔で!笑)

夏までには三代目の襲名をお願いしたいと思います!さあ乞うご期待!


 

プリンセス・グレース・デ・モナコ!

モンブランに関する過去記事はこちら
愛用品( ボエム*ジュテーム・マイスターシュテック*ジャングルアイズ)

また買ってしまった(4色ボールペン)


どうしても欲しくてまたまた買ってしまった。
プリンセス・グレース・デ・モナコであります。
そう、それはグレースケリーのことです!
ちょうどいまタカシマヤでグレースケリー展をやってますね!行きたい!

以前にも書きましたがモンブランというメーカーは男性に人気があり、一般的なイメージとしては黒いボディに白いモンブランのホワイトスターマーク、がっちりと重厚な印象ですが、実は時々可憐なカワイイ系を作るのですね。私はこのモンブランの作る可愛い系に目がない。

悩んだ挙句買いました。

NCM_0084

 NCM_0082

(公式より)
プリンセス・グレース・デ・モナコは、格別な才能にあふれ、非の打ちどころのない彼女の魅力に敬意を表しています。 フェミニンなネックラインのデザインは、手作業によりシャンパーニュ調ゴールド仕上げを施したディープパープルのプレシャスレジン製で、クリップにはピンクトパーズを豪華にあしらい、壮麗なエディションに仕上げました。 キャップとボディには、ともにモナコ公国の紋章にインスピレーションを得た複雑な菱形をエングレーヴしました。 このエディションは、機能的な美しさはもちろん、さらなるステップへと発展していくモンブランの姿勢の基盤となるモデルです。

だそうです。
せっかくなので公式サイトの写真もお借りしておきます。

500




よく見て下さい。(上の写真)
にぎるところが微妙に、本当に微妙に細くなっていて(くびれている)
大ぶりな印象とは裏腹に大変持ちやすいペンに仕上がっております。


450
  
また、私の写真では分かりづらかったと思いますが、公式の写真ではハッキリわかりますよね、
そう!ボディが紫なのです。
濃い紫色。パッと見、黒のようにも見える。
そして金属の部分は銀色でも金色でもない不思議な色合い。


ちなみにこういう凄い箱に入っています。
ペンの上部の飾り形状はグレースケリーのドレスの襟元を表しているのです。

450
 




こちらがタカシマヤで行われているグレース・ケリー展

Screenshot_1
 


 

富士山の写真(新富士駅)

JR東海の企画商品である「ぷらっとこだま」にハマっております。
東京までこだまでいくという素晴らしい企画です。しかもグリーンにして行くのです私。
それでも10000円を切る料金は、なんちゃって鉄オタの私の心をとらえて離さない!
何よりも富士山をいっぱい見られるのであります。そこがいい!こだま号!


前置きはどうでもいいので、連続写真でご覧ください。

とりあえず比較のために、掛川駅(富士山なし)も載せておきます。

01





さあ富士山見えてきた!!

31

38


45

54

04

11

31


34


27


30


NCM_0017

新富士駅の向こうに、絵のように輝く富士山。
あまりの大きさとあまりの美しさと、周囲の雰囲気tと完全に一体化している空気感により、一瞬その存在を忘れてしまうほどです。

富士山という背景画を持たない掛川駅との圧倒的な違い!


NCM_0018

しかしこの新富士駅を越えると
正直、風景的にはいいところ無しの芸術点ゼロの景色(住民の皆様申し訳ありません)
が延々続くわけなんです。


NCM_0019


NCM_0020


NCM_0021


ああもう何を考えているんだこの風景は!

NCM_0022


何かとてつもなく台無しじゃないか!!
・・・と最初は思っていたのですが・・・

NCM_0023


NCM_0024


うーん 味があるよね
フォトグラファーの皆さんが撮影する芸術的な富士山の写真もいいのだけどさ


NCM_0025


NCM_0026


本当の富士山はこんな風に普通の日々の暮らしの中で、
空の彼方にポカーンと浮いている身近な存在なんだろう

NCM_0027


NCM_0028

それにしても美しい
横にたなびく雲も、マフラーの様に右に流れる雪模様も
駿河の青い空も全てが美しい



NCM_0029



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • プリンセス・グレース・デ・モナコ!
  • プリンセス・グレース・デ・モナコ!
  • プリンセス・グレース・デ・モナコ!
  • プリンセス・グレース・デ・モナコ!
  • プリンセス・グレース・デ・モナコ!
  • プリンセス・グレース・デ・モナコ!
  • 富士山の写真(新富士駅)
  • 富士山の写真(新富士駅)
  • 富士山の写真(新富士駅)
タグ絞り込み検索
  • ライブドアブログ